MetaReal NFTをメタ斬り⚡️

【ハッキング対策】メタマスクのリボーク(Revoke)2種類のやり方を初心者向けに分かりやすく解説!

Revoke ハッキング対策 メタマスク

・メタマスクのハッキング対策が知りたい。
・リボークってなに?
・リボークのやり方が知りたい。

こんな悩みを解決します。

このページを読んでわかること

  • メタマスクのリボーク(Revoke)とは?
  • リボーク(Revoke)のやり方【2種類】
  • 接続解除とリボーク(Revoke)の違い
  • リボーク(Revoke)についてよくある質問
  • まとめ : リボークで防御力を高めよう!

このページを書いた私は

◻︎ 暗号資産投資歴4年(収益6桁)
◻︎ CNPホルダー
◻︎ NFTコレクター
◻︎ NFT収益6桁(含み益)
◻︎ Google検索1位記事あり
リボークでハッキングのリスクを減らしましょう!

メタマスクのリボーク(Revoke)とは?

メタマスクのリボーク(Revoke)とは、過去に与えた暗号資産(仮想通貨やNFT)の転送許可を取り消すことです。
Eresa
反対に転送許可を与えることを与えることを「アプルーブ(Approve)」といいます。転送許可を与えたままだと、もし詐欺集団のサイトに接続していた場合、ウォレットの中にある暗号資産は取られ放題。転送許可を取り消すことで、大切な暗号資産を失うリスクを減らします。

リボーク(Revoke)のやり方【2種類】


 
メタマスクの代表的なリボークのやり方は、以下の2つです。

  1. ① Revoke.cashでリボークする方法 【3ステップ】
  2. ② Etherscan(イーサスキャン)でリボークする方法【2ステップ】

 
それぞれ手順を見ていきましょう。

① Revoke.cashでリボークする方法【3ステップ】

Eresa
Revoke.cashでリボークする手順は3ステップです。5分くらいで終わるよ。

STEP1.Revoke.cashにメタマスクを接続しよう

Revoke公式サイト
 
まずは「Revoke.cash」にアクセスします。
⚠️偽サイトに注意!URLが「revoke.cash」になっているか確認してください。(上記のリンクは安全です。)

Revoke公式サイト

画面右上にある、
『ウォレットを接続する』をクリック。

Revoke公式サイト

『MetaMask』をクリック。

メタマスク

メタマスクがひらいたら、
パスワードを入力して
『ロック解除』をクリック。

メタマスク

アカウントを選択して、
『次へ』をクリック。

メタマスク

『接続』をクリック。

Revoke公式サイト

画面右上に自分のウォレットアドレスが表示されていれば接続完了です。

STEP2.アプルーブの状況を確認しよう

Revoke公式サイト取消し確認
アプルーブの状況を確認します。

アプルーブ(許可)を与えたままになっている項目は、右側に『取り消す』ボタンが表示されます。

Revoke.cash 許可がありません

アプルーブしていない項目は『許可がありません』と表示されます。

STEP3.リボーク(Revoke)しよう

Revoke公式サイト取消し

リボーク(取り消し)たい項目の
右側にある『取り消す』ボタンをクリック。

メタマスク確認

メタマスクがひらいてガス代が表示されます。
内容を確認したら『確認』をクリック。

Revokeトランザクション送信

上記のメッセージが消えたら、リボーク完了です。

画面を確認してみましょう。

Revoke公式サイト

リボーク(取り消し)した項目が消えていればOKです🎉

おつかれ様でした。

補足1 : Revoke.cashでネットワークを切り替えてリボークする方法

Eresa
Revoke.cashはイーサ以外のブロックチェーンにも対応しています。手順はかんたん。
Revoke チェーン切り替え

画面右上のイーサリアムのマークをクリック。

Revokeチェーン切り替え

切り替えるネットワークを選びます。

今回はポリゴンチェーンを選択。

メタマスク ネットワーク切り替え

『ネットワークを切り替える』をクリック。

Revokeネットワーク切り替え

続いてすぐ下のイーサリアムマークをクリック。

Revokeネットワーク切り替え

同じくポリゴンを選択。

Revoke公式サイト

こちらもチェーンの切り替えが完了しました。

あとは同じ手順でリボークしてください。

補足2 : Revoke.cashでウォレットの安全を確認する方法

Eresa
Revoke.cashは、ウォレットがハッキングなどの攻撃を受けていないか確認することができるよ。

STEP1.エクスプロイト確認画面を表示しよう

Revoke公式サイト エクスプロイト

画面上の『エクスプロイト』をクリック。

Revoke公式サイト ウォレットチェック

最初のエクスプロイトの画面下にある
『確認』をクリック。

STEP2.ウォレットアドレスを入力して安全か確認しよう

Revoke公式サイト ウォレットチェック

ウォレットアドレスを入力します。

Revoke公式サイト ウォレットチェック

アドレスを入力したら、
右矢印をクリック。

Revoke公式サイト

この手順でウォレットの状態を確認できます。

画面右下の『次へ』をクリックしていくと、他のエクスプロイトでの安全も確認できます。

② Etherscan(イーサスキャン)でリボークする方法【2ステップ】

Eresa
イーサスキャンを使う場合は、メタマスクから直接接続できるから楽かもね。

STEP1.Etherscan(イーサスキャン)にメタマスクを接続しよう

メタマスク

メタマスクをひらいたら、
右上のメニューマークをクリック。

メタマスク エクスプローラで表示

『エクスプローラーで表示』をクリック。

イーサスキャン公式サイト

イーサスキャン公式サイトがひらいたら、
画面右上にあるメニュー『More』をクリック。

イーサスキャン トークンアプルーブ

『Token Approvals』をクリック。

イーサスキャン ウォレット接続

『Connect to Web3』をクリックしてウォレットと接続します。

イーサキャン リボーク確認

内容を確認したら、
『OK』をクリック。

メタマスク選択

『MetaMask』を選択します。

メタマスク 接続

アカウントを選択し
『次へ』をクリック。

メタマスク 接続

『確認』をクリック。

イーサスキャン メタマスク接続

『Connected-Web3』と表示されれば、メタマスクとの接続は完了です。

STEP2.リボーク(Revoke)しよう

イーサスキャン

トークンの規格は3つに分かれています。

・ ERC-20:暗号資産(仮想通貨)
・ ERC-721:NFT
・ ERC-1155:NFT
イーサスキャン リボーク

3つの規格のどれかを選んでクリックしてください。

今回は『ERC-721』NFTに対してのアプルーブを取消します。

右側にある『Revoke』をクリック。

イーサスキャン リボーク

『Revoke』をクリック。

メタマスク 接続確認

手数料を確認して、
『確認』をクリック。

これでリボークは完了です🎉

念のため確認します。

リボーク トランザクション確認

『View your transaction』をクリック。

イーサスキャン リボーク済み確認

ステータスが『Pending』と表示されている場合は処理中です。

『Success』と表示されたらリボーク完了!

イーサスキャン

もとの画面をひらいて、取り消しした項目が消えていればOKです。

Eresa
反映するまで5分くらいかかるよ。

接続解除とリボーク(Revoke)の違い

接続解除 → ログアウトした状態。暗号資産(仮想通貨やNFT)の移動は可能。

リボーク(Revoke) → ウォレットにアクセスする権限がない状態。暗号資産(仮想通貨やNFT)の移動もできない。

メタマスクの接続解除方法

メタマスクを接続解除する手順は以下のとおりです。

メタマスク メニュー

メタマスクをひらいたら、
『メニューマーク』をクリック。

メタマスク 接続済みサイト

『接続済みのサイト』をクリック。

メタマスク 接続解除

『接続解除』をクリック。

これで接続解除ができました。

リボーク(Revoke)についてよくある質問

Q. どのアプルーブ(Approve)をリボーク(取り消し)すればよいですか?

A. 基本的には全てのものをリボークしておくと安心です。

Eresa
優先順位をつけるとしたら、
・怪しいサイトに接続してしまったもの
・しばらく使っていないサイトのもの
・出品しなくなったNFTなどです。定期的にリボークすることがおすすめだよ。

Q. ハッキングに遭う原因を教えてください。

A. ハッキングに遭う原因は以下のとおりです。

  • 偽サイトにメタマスクを接続してしまったから
  • シークレットリカバリーフレーズを教えてしまったから
  • 偽のメタマスクをインストールしてしまったから
  • PCがウィルスに感染してしまったから

 
ハッキング対策は必ずしましょう!こちらのページを参考に👇

Q. ハッキングに遭ってしまったらどうすればいい?

A. ハッキングに遭ってしまった時の対処法は以下のとおりです。

  • リボーク(Revoke)する
  • 新しいウォレットをつくる
  • 残っている暗号資産を新しいウォレットに移動する
  • メタマスクサポートセンターに連絡する

 
早急に対応しましょう。

メタマスクのダウンロードと削除、転送については以下のページを参考にしてください。

👉 MetaMask(メタマスク)をダウンロード・アカウントを登録する方法をわかりやすく解説!

👉 MetaMask (メタマスク)2種類のアカウント削除(非表示)方法を分かりやすく解説!

👉 0penSeaでNFTを保管用ウォレットに送る方法を分かりやすく解説!

まとめ : リボークで防御力を高めよう!


 
今回はメタマスクのリボークについて解説しました。

ポイントは次のとおりです。

  • メタマスクのリボークとは、過去に与えた暗号資産の転送許可を取り消すこと
  • メタマスクの代表的なリボークのやり方は、「Revoke.cash 」と「イーサスキャン」を使った2とおり
  • 接続解除とリボークは別もの
  • リボークは定期的に行ったほうがよい

 
「サイトから接続解除しておけば大丈夫」と思っていた方も多いのではと思います。

かくいう私もそのひとりでした😓

リボークに関する情報を少し。

ホント、定期的にリボークはしておいた方がいいですよ。

今回は以上です。

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました😊

     \ NFT始めるならGMOコイン!/
GMOコイン

人気記事①【MetaMask(メタマスク)】トランザクション詰まり4つの解消法!初心者にも分かりやすく解説!

人気記事②【MetaMask(メタマスク)】ガス代を自分で設定して節約する方法!初心者にもわかりやすく解説!