MetaReal NFTをメタ斬り⚡️

【無料】Move to Earn(M2E)アプリおすすめランキング5選 | 始め方・稼ぎ方も解説 【実際にプレイ中】

GAME Move to Earn

悩む人

悩む人「無料で始められるMove to Earnアプリのオススメを教えてください。始め方も知りたいです。」

こんな悩みを解決します。

このページを読んでわかること

このページを書いた私は

◻︎暗号資産投資歴4年(収益6桁)
◻︎CNPホルダー
◻︎NFTコレクター
◻︎NFT収益6桁(含み益)
◻︎Google検索1位記事あり
今回は実際に著者がプレイ中の無料M2Eアプリをたっぷり紹介します!

Move to Earn(M2E)とは

Move to Earnとは歩いたり運動することによって、トークンを稼ぐことができる仕組みやサービスのこと。ブロックチェーン技術を使った新しいビジネスモデルのひとつです。

ほとんどのMove to Earn(M2E)プロジェクトは、スマートフォンにアプリをダウンロードし、歩いた距離・歩数によってトークンがもらえるという仕組みを採用しています。

通勤時、ショッピングや観光で休日を過ごすときも、アプリを起動させておくだけで、トークンを稼げるのが特徴です。

健康志向が強い現代社会で、人気があるのはうなずけますね。

Eresa
ちなみに、Move to Earnは『Move(動く)とEarn(稼ぐ)を組み合わせた造語』だよ。他にもいろんなジャンルの〇〇 to Earnがあるの。

ジャンル別 〇〇 to Earn

  • Play to Earn(遊んで稼ぐ)
  • Eat to Earn(食べて稼ぐ)
  • Learn to Earn(学んで稼ぐ)
  • Listen to Earn(聞いて稼ぐ)
  • Sleep to Earn(寝て稼ぐ)

気になる〇〇 to Earnはありましたか?

どれもスマホがあればできるので、試してみる価値ありかと。

無料Move to Earn(M2E)は怪しい?そのビジネスモデルとは

Move to Earnの仕組み

上図は無料Move to Earnの経済的エコシステムを表したものです。(有料版はNFTの手数料などがでてくるので、もう少し複雑です。)

ごらん頂いてわかるように、私たちが無料でMove to Earnを利用できる理由は、運営が広告を掲載することで広告収入を得ているからです。そう、ちょっとウザイあの動画🙇🏻

ビジネスモデルとして成立しています。よくMove to Earnは怪しいと言われますが、けっして詐欺ではありませんので、心配な方は無料のMove to Earnから始めてみてはいかかでしょうか。

無料Move to Earn(M2E)で稼ぐ方法

無料Move to Earn(M2E)で効率的に稼ぐ方法は以下の3つ。

  1. ① 毎日歩く(一日の目標歩数を決める)
  2. ② アプリ複数同時併用(管理できる範囲内で)
  3. ③ 広告をこまめに見る(流し見でOK)

ひとつずつ見ていきましょう。

① 毎日歩く(一日の目標歩数を決める)

Move to Earnは動いて稼ぐアプリなので、歩いたり、走ったりしてトークンを稼ぎます。

「さぁ、歩くぞ!」と気合を入れなくても大丈夫です。ヘルスケアアプリと連携していれば、スマートフォンをバッグやポケットに入れておくだけで、自動的に歩数がカウントされます。

ただし、効率的に報酬を得るためには、ある程度の目標を設定しておくことが重要です。無料版アプリの場合、一日に歩ける最大歩数が制限されていることがほとんどです。

例えば、Sweatcoinでは1万歩が無料版の上限であり、ステラウォークでは8,000歩が一日の上限歩数となっています。

これらの歩数を目標として歩くことで、効率的に報酬を獲得することができますよ😌

② アプリ複数同時併用

Move to Earnアプリ

上記の画像は現在わたしが同時併用しているM2Eアプリです。(※CNP FriendsはCNPオーナー限定アプリで、歩くとCNPポイントが貯まります。)

Genopets』『BitWalk』『ステラウォーク』『Sweatcoin』『Walken』5つのアプリ(無料)を同時併用しています。

無料版は一つのアプリで稼げる金額が少額なため、複数のアプリの同時併用することで、効率的に稼ぐことができます。

また、稼げるトークンがアプリごとに異なるため、結果としてポートフォリオが形成されており、万が一プロジェクトのいずれかが終了しても、被害を最小限に抑えるというメリットがあります。

ただし注意点もあります。アプリが多すぎると、管理が行き届かなくなり、結果として非効率になる可能性も。

わたしの体感としては、アプリは5つくらいが限界かと😌

③ 広告をこまめに見る(流し見でOK)

『歩くだけで簡単に稼げる』というのがMove to Earnの謳い文句ですが、実はそうではありません。

冒頭でも説明したとおり、運営は広告を掲載することで収益を得ています。

ほとんどのアプリが、広告を見るとゲーム内トークンを得る仕組みになっているので、広告を見る(見なくても流す)作業は必須です。

わたしの場合はスキマ時間にスマホの音を消して、広告を流し見しています😌

【著者がプレイ中!】無料で始められるMove to Earn(M2E)おすすめランキング5選


わたしがおすすめする無料Move to Earnアプリをランキングにしました。実際にプレイしてみた感想付きです。

よかったら参考にしてください。

さっそく見ていきましょう!

1位 Walken(ウォーケン)⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

Walken
チェーン Solana(ソラナ)チェーン
基軸通貨(シンボル) WLKN
取扱取引所 Bybit・Gate・Huobi・Bitmart
公式サイト https://walken.io/
公式Twitter https://twitter.com/walken_io

Walken(ウォーケン)は私がオススメする無料Move to EarnではNO.1のアプリです。

実際にプレイしてみて感じた良いところを以下にまとめました。

Walken(ウォーケン)の良い点

  • アプリがシンプルで使いやすい
  • 広告が流れる頻度が他のアプリより少ない
  • ウォーケンランナーもプレイすれば効率的にトークンを稼げる

ウォーケンランナーはウォーケンと連動しているPlay to Earnゲームです。

シンプルなゲームですが、ゲーム内トークンWLKNを稼ぐことができます。稼いだトークンはウォーケンと共有されるため、ふたつともプレイすれば効率的にトークンを稼ぐことができますよ。

ウォーケンランナーの始め方は以下のページを参考にどうぞ。

>> Walken Runner 2.0(ウォーケンランナー)の始め方・稼ぎ方をわかりやすく解説!

では気になる点はないのか?ということで、ウォーケンの気になる点を以下にまとめました。

Walken(ウォーケン)の気になる点

  • NFTキャラのレベルアップに高額なトークンが必要
  • 課金しないとバトルで勝ちにくい

無料ゲームにありがちな、レベルアップには課金が必要という常識はWalken(ウォーケン)にも当てはまります。

課金せずに稼ごうと思うなら、NFTキャラのレベル上げをレベル6でストップし、トークンをコツコツ稼ぐのもアリかと。

早く稼ぎたい方は、ある程度の投資が必要になることをご考慮ください。

Walken(ウォーケン)の総合評価 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

ウォーケンはかわいいキャラクター、わかりやすいゲームの操作性、稼ぎやすいトークンなど、Move to Earn初心者の方にも満足して頂けると思います。

実際著者も毎日プレイしていますが、ストレスなくプレイできていますよ😌ぜひお試しください。

Walken(ウォーケン)の始め方は以下のページを参考にどうぞ。

2位 GenoPets(ジェノペッツ)⭐️⭐️⭐️⭐️

画像元 GenoPets公式サイト

チェーン Solana(ソラナ)チェーン
基軸通貨(シンボル) GENE・KI
取扱取引所 Bybit・MEXC・CoinEx
公式サイト https://www.genopets.me/
公式Twitter https://twitter.com/genopets

第2位はGenoPets(ジェノペッツ)です。著者が一番最初にプレイしたMove to Earnゲームがジェノペッツ。

ポケモンGOのNFT版というイメージでプレイしました。ジェノペッツの良いと思った点は以下のとおり。

GenoPets(ジェノペッツ)の良い点

  • ポケモンGO感覚でNFTモンスターを育てるのが楽しい
  • 広告を見なくてもいい
  • NFTモンスターの売買ができる
ジェノペッツ

ジェノペッツにはペットを育てる楽しさがあります。餌をあげたり、遊んであげたり。育てると愛着がわきますね😌

広告を見なくてもいいというのも良い点です。ゲームに集中できます。

GenoPets(ジェノペッツ)の気になる点

  • 無料版で稼ぐ手段はペットの売却のみ
  • 有料ユーザしかできない遊びが多い

無料版のジェノペッツで稼ぐ方法は、ペットを育ててマーケットプレイスで売却するしかありません。

有料ユーザーになると、バトルができたり、アイテムの売買もできるようになります。ゲームを進めていく上で課金は必須のようです。

GenoPets(ジェノペッツ)の総合評価 ⭐️⭐️⭐️⭐️

毎日プレイしてみた感想ですが、データが重いためか、バグがおこりやすいです。(スマホの再起動で解決できます。)

また、無料版では歩いてペットを育てるくらいしか遊び方がないので、バトルがしたい方はぜひ有料ユーザーになりましょう。

ジェノペッツの始め方は以下のページを参考にどうぞ。

3位 BitWalk(ビットウォーク)⭐️⭐️⭐️

ビットウォーク
画像元 BitWalk公式サイト

基軸通貨(シンボル) BTC
取扱取引所 GMOコイン・コインチェック・bitFlyerなど
公式サイト https://lp.bitwalk.jp/
公式Twitter https://twitter.com/BitWalk_Paddle

BitWalk(ビットウォーク)は世界的に有名なM2Eアプリではありませんが、気軽に始めて、ビットコインを貯められるという点で堂々の3位です。

それでは掘り下げて見ていきましょう。

BitWalk(ビットウォーク)の良い点

  • アプリがシンプルで操作しやすい
  • 稼げるのはあのビットコイン
  • 歩数上限が一日2万歩と他のアプリより高め
  • アプリ内で稼いだ金額が日本円でわかる
ビットウォーク

何といってもリスク0であのデジタルゴールドを稼ぐことができるので、お得としか言いようがありません。

他のM2Eアプリと比べても、複雑すぎず、シンプルで扱いやすいのが特徴です。

稼いだ金額が日本円でわかったり、アプリ内でビットコインのレートを確認することもできます。

BitWalk(ビットウォーク)の気になる点

  • 広告動画を見る回数が多すぎる
  • ビットコインを送金できるようになるまで期間がかかる

私が一番気になるのが、広告動画をみる頻度が多いことです。

また、最低出金額は0.2mBTC以上であり、一日の歩数によって異なりますが、送金可能になるまで約6ヶ月ほどかかります。

まぁ気長にいきましょう😌

BitWalk(ビットウォーク)の総合評価 ⭐️⭐️⭐️

私は、「将来のためにビットコインを貯めてみたい。」という思いでビットウォークを始めました。

長い目でビットコインを貯めてみたいという人向けですね。3年後、5年後が楽しみ😌

BitWalk(ビットウォーク)の始め方はこちらのページを参考にどうぞ。

4位 Sweatcoin(スウェットコイン)⭐️⭐️⭐️

Sweatcoin
画像元 Sweatcoin公式サイト

チェーン ERC20/NEAR
基軸通貨(シンボル) SWEAT
取扱取引所 Bybit・KUCOIN・OKX・BITFINEX
公式サイト https://sweatco.in/
公式Twitter https://twitter.com/Sweatcoin/

Sweatcoin(スウェットコイン)は世界的にもメジャーなM2Eプロジェクトです。利用者数も1.2億人と、STEPNより多いんです。(ちなみにSTEPNは60万人ほど。)

著者が始めたきっかけは、やはりその知名度からですね。

Sweatcoin(スウェットコイン)をプレイしてみて感じたことは以下のとおり。

Sweatcoin(スウェットコイン)の良い点

  • 広告動画を見る頻度が少ない
  • 獲得したトークンを寄付できる
  • 気に入った商品をゲーム内トークンで買うことができる

Sweatcoin(スウェットコイン)は、稼いだトークンSWEATを、慈善団体などに寄付することができます。

この発想は他のアプリにない特徴です。寄付をする習慣がない方でも、気軽にできるので、このアプリをきっかけに寄付することを習慣化できますよ😌

Move to Earnで社会貢献もいいかも。

Sweatcoin(スウェットコイン)の気になる点

  • 広告動画のフリーズがたまにある
  • 本格的に稼ぐには課金が必要

気になった点は、広告動画のフリーズです。そんなに頻繁にはありませんが、一度起こると、スマホを再起動させるのが面倒です。

あとは、無料版で稼ぐには限界がありますね。プレミアムプラン(有料会員)になると、一気に稼げるようになるかと思います。プレミアムプランの料金は以下のとおりです。

料金(税込)
ios 月額550円 or 年額2,700円
Android 月額780円 or 年額3,880円

Sweatcoin(スウェットコイン)の総合評価 ⭐️⭐️⭐️

あのスウェットコインが、4位とは意外に低評価と思うかもしれません。

どのアプリにも共通していることですが、無料版には限界がありますね。特にスウェットコインは有料プレミアム会員になってこそ真価が発揮されるプロジェクトだと思います。

これから、プレミアムプランに切り替えるかどうか検討中です😌

Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方は以下のページを参考にどうぞ。

5位 ステラウォーク ⭐️⭐️

ステラウォーク
画像元 ステラウォーク公式サイト

基軸通貨(シンボル) XLM(ステラルーメン)
取扱取引所 GMOコイン・コインチェック・bitFlyerなど
公式サイト https://stellarwalk.app/en
公式Twitter https://twitter.com/Stellar_Walk_JP

ステラウォークは、無料で始められるMove to Earnを探していたところ、宇宙を遊泳しているユニークなキャラクターが目に留まり、始めてみました。

プレイしてみた感想は以下のとおりです。

ステラウォークの良い点

  • アプリがシンプルで操作しやすい
  • 広告動画を見る頻度が少ない
  • 宇宙を遊泳するキャラクターがユニーク

アプリ操作がシンプルで、広告動画を見る頻度が少なく、バグもほとんどおこったことがありません。

設定が宇宙というのも、宇宙好きの心をくすぐります。

ステラウォークの気になる点

  • 自分のタイミングでトークンの交換ができない
  • 毎日上限の8,000歩歩いても稼げる金額が月100円ほど

ステラウォークは歩いて貯めたジェムを、毎月の月初(1日〜3日)にステラルーメンに交換する申請ができます。これを逃すと、1ヶ月待たなければならないのは不便かもしれません。

あとはXLM(ステラルーメン)の価格上昇を待つばかりです😌

ステラウォークの総合評価 ⭐️⭐️

ステラウォークは最初のMove to Earnアプリとして最適です。操作がシンプルでわかりやすく、動画もそれほど長くないので、ストレスが少ないですね。

ステラウォークの始め方は以下のページを参考にして頂ければ幸いです。

無料Move to Earn(M2E)のメリット

Bybitの特徴

無料で始められるMove to Earn(M2E)のメリットを以下にまとめました。

無料で始められるMove to Earn(M2E)のメリット

  1. ① 運動習慣が身に付く
  2. ② Web3.0に触れられる
  3. ③ リスクなしで暗号資産を稼げる
  4. ④ 自分に合わないと思ったらリスクなしでやめられる

① 運動習慣が身に付く

運動習慣を身につけることで、心身ともに健康的で、快活な毎日を送ることができます。

人生において大きなメリットになることは間違いありませんね😌

② Web3.0に触れられる

Move to Earnゲームはブロックチェーンの技術を使っており、ゲームをプレイするだけで、Web3.0に触れることができます。

ドヤれます(笑)

③ リスクなしで暗号資産を稼げる

かかる費用はスマホを充電する電気代くらいです。歩くだけで、暗号資産を貯めることができます。

複数の暗号資産を保有していれば、どれか価格が急騰することもあるかもしれません。とはいえ、暗号資産の取引きは自己責任でお願いします。

④ 自分に合わないと思ったらリスクなしでやめられる

合わなかったらやめればいいだけです。スマホからアプリを削除しましょう。

もちろんお金はかかりません。無料のいいところですね😌

無料Move to Earn(M2E)のデメリット

デメリットは以下のとおりです。

無料で始められるMove to Earn(M2E)のデメリット

  1. ① 稼げる金額に限界がある
  2. ② アプリ管理に時間がとられる
  3. ③ プロジェクトの将来が不透明

① 稼げる金額に限界がある

無料版のM2Eは、稼げる金額が少額です。最終的には課金しなければ満足する金額は稼げません。

M2Eプロジェクトに限らず、無料版ゲームにありがちなパターンですね。

② アプリ管理に時間がとられる

先に述べたとおり、無料版M2Eは1つのゲームで稼げる金額が少額なため、複数のアプリを同時併用しなければ効率的に稼げません。

私は現在5つの無料M2Eをプレイしていますが、これがほぼ限界かと。

というわけで、アプリ管理のための時間が必要です。

スキマ時間を有効活用しましょう。

③ プロジェクトの将来が不透明

もしかしたら、今プレイしているM2Eプロジェクトがなくなってしまうことがあるかもしれません。

なので、ゲーム内で稼いだトークンはこまめに換金しておくことをオススメします。

未来は誰にもわかりませんね。

Move to Earn(M2E)でよくある質問

Q&A

Q.ウォーキングやランニング以外の運動でも計測しますか?

A.筋トレなどでも計測はされますが、歩いたり、ランニングするよりは効率が悪いかと思います。筋トレ専用のアプリは今のところまだ実用化されてはいません。

Q.無料と有料どちらが稼げますか?

A.多くの場合は有料のほうが稼げます。ただし、当然リスクはとらなければなりません。STEPNなどの初期投資が必要なM2Eは、原資回収の期間を想定して始めましょう。有料のM2Eは上級者向けといえます。

Q.Move to Earnで得た利益には、確定申告は必要ですか?

A.給与所得者(サラリーマン)であって、得た利益が20万円以上の場合、確定申告が必要です。(※確定申告の必要性は個人によって異なりますので、詳細は税理士に相談されることをおすすめします。)

まとめ : 実際にプレイしてみてわかったこと

今回は著者の独断と偏見に基づいて、無料Move to Earnのベスト5をランキングしてみました。

ランキング結果は以下のとおりです。

  1. 1位. Walken(ウォーケン)⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  2. 2位. GenoPets(ジェノペッツ)⭐️⭐️⭐️⭐️
  3. 3位. BitWalk(ビットウォーク)⭐️⭐️⭐️
  4. 4位. Sweatcoin(スウェットコイン)⭐️⭐️⭐️
  5. 5位. ステラウォーク ⭐️⭐️

アプリ評価は上記のランキング通り、ウォーケンが一番いいですね。

画面がシンプルで、バトルは楽しめるし、ウォーケンランナーもプレイすればトークンが稼ぎやすい。
著者は一番好き😌

そして、実際に5つを同時プレイしてわかったことですが、広告動画を見る頻度が多くなり、スマホを触る時間が増えたことです。(スマホのバッテリーの減りが早くなりました🤣)当然といえば当然ですが…

生活に影響がでる方は、複数同時プレイはおすすめしません。(スキマ時間をうまく活用しましょう。)

とはいえ、歩くことで健康になることは間違いありませんので、私は継続します。

まとまった金額を稼ぎたい方は、課金は必須です。(暗号資産の取引は自己責任でお願いします。)

最後に口コミを少し。

というわけで今回は以上です。

このページをさいごまで読んで頂きありがとうございます。

ではまたお会いしましょう。

ビカッ⚡️

        \今ならまだ間に合います!/
GMOコイン

人気記事①【MetaMask(メタマスク)】トランザクション詰まり4つの解消法!初心者にも分かりやすく解説!

人気記事②【MetaMask(メタマスク)】ガス代を自分で設定して節約する方法!初心者にもわかりやすく解説!